So-net無料ブログ作成

掲載の時は何だか [ラッキー]

漫画本編の他にも、『ジャンプ』掲載時には漫画の童貞の余白に「はみだしラッキーマン」「はみだしついてないくん」(読者によるラッキーな話、不運な話の紹介)が掲載されたり(他の漫画では、左右の余白は次号予告や単行本紹介スペースとして使用されている)、漫画がはじまる直前または直後のページに逆援コーナー「とっても!ラッキーネットワーク」が掲載されていた。なお、本作のアニメ化のプロジェクトもその「ラッキーネットワーク」内で進行していた。また、一時期、当時の堀江信彦編集長による「堀さん日記」が「ラッキーネットワーク」中に掲載されるなど、当時の『週刊少年ジャンプ』の中では異彩を誇った漫画である。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。